So-net無料ブログ作成
検索選択
顎ニキビ.png
 [どんっ(衝撃)] 顎ニキビを繰り返すのは何故 [exclamation&question]
 [どんっ(衝撃)] 治ったばかりなのに・・・ [exclamation&question]
 [どんっ(衝撃)] お手入れしてるのに・・・ [exclamation&question]
 [どんっ(衝撃)] 洗顔にも気を使ってるのに [exclamation&question]
 [どんっ(衝撃)] 人に会うのがやだな・・・
 [どんっ(衝撃)] 顎ニキビを即効で治したい[exclamation×2]
 [どんっ(衝撃)] 首ニキビの原因と治し方は[exclamation&question]

顎ニキビ跡の治し方比較【市販品(通販)でもピーリングは重要】


顎ニキビが治っても、顎ニキビ跡が残ってしまうと今度はニキビ跡を治す事を考えて行かなければなりません。
ニキビ跡を治すと言っても、その治し方は様々ですが顎ニキビなどの口元や頬などの顔や首に出来た顎ニキビ跡なら、なおさら早く治したい所です。

ひどい顎ニキビ跡になると皮膚科などの病院に行った方が良いのではないかと考えたり
薬局で市販されている良い薬はないのか等、ニキビ跡を治す方法を考えなければなりませんが

ニキビ跡は赤みを帯びるものから色素沈着するもの、凹凸のあるクレーターになってしまうものまであり
そうなると一刻も早く効果のあるニキビ跡を治す方法を知る必要があります。

顎ニキビや首ニキビと思春期ニキビが出来る原因は同じではありませんが、ニキビ跡を治すのは同じですから、単純にニキビ跡を治す手法を探ればいい訳です。

Meteor.jpg

画像:https://commons.wikimedia.org/wiki/File%3AMeteor.jpg


ニキビ跡の治し方を大きく分けると、病院やクリニックに行くか、市販の薬や化粧水等で対応するかにわかれますが、皮膚科などの病院やクリニックでの治療方法や、薬局などで販売されている薬や、市販で手に入る化粧水・美容液などをよく見るとわかる事があり、これを知っておいて損はありません。

漢方薬など飲み薬については、別の記事で取り上げているので今回はあまり触れませんが
基本となる理屈を知っていれば自分で応用できる可能性は広がりますし
あまり効果の無いケアを行う事により、無駄な時間を費やす事も減る事になります。

顎ニキビと漢方薬 

顎ニキビ跡を皮膚科などの病院やクリニックに行って治す方法


ニキビ跡を治すため皮膚科やクリニックに行くとなるとその治療方法は「レーザー治療」「ピーリング」 これは誰もが知る所ですが

では、レーザー治療とはどんなものなのでしょうか。



レーザー治療


bsN934_ktebukurowosurudrm.jpg



レーザー治療とは、極力跡を残さず狙った組織を破壊する治療方法です。
しかし、レーザー治療と一口に言ってもその方法は様々で、医学的に見た主な皮膚科のレーザー治療だけでも以下の様な種類があります。
  1. 炭酸ガスレーザー
    波長10600mmのレーザーがお肌の水分に反応し加熱と蒸散により組織を破壊する。末端神経やリンパ管、直径0.5mm以下の血管が反応する為、術後の痛みや止血効果が高い。狙った組織の熱破壊の範囲や深さをより正確にした、スーパーパルス炭酸ガスレーザーやウルトラパルス炭酸ガスレーザーがある。

  2. 色素レーザー
    血管腫に最も効果がある。ポートワイン血管腫、イチゴ状血管腫、毛細血管拡張症、クモ状血管腫などの血管性色素異常症の治療に使われる。

  3. ルビーレーザー
    メラニン由来皮膚色素異常症の治療用。扁平母斑、老人性色素斑、色素性母斑など色素異常に有効。

  4. Qスイッチルビーレーザー
    Qスイッチにより高出力のパルスを短い間隔で発信。当初アメリカでは刺青用治療レーザーとして使われた。このレーザーで治療した場合、ケロイドの形成がほとんど見られないが特徴。

  5. Qスイッチアレキサンドライトレーザー
    Qスイッチをさらに応用したレーザー。より広範囲のレーザー照射に有効で刺青や深在性色素異常、浅在性色素異常に適応。

  6. QスイッチNd:YAGレーザー
    刺青治療用として開発された。黒や赤の刺青の消去が可能で刺青以外の色素異常にも対応。


これはレーザー治療の基本となる例で、これらからさらに発展したレーザー治療法も様々なものがあり、フラクショナルレーザー治療もニキビのレーザー治療として有名な所ですが、結局はレーザーを当てる事によりお肌の内部にある組織を破壊し、人間が持っている本来の自然治癒力やターンオーバー(皮膚の入れ替わり)でお肌を再生させると言う事です。

ケミカルピーリング


bs14121438.jpg



皮膚科などの病院でのニキビ治療は、軽度の場合→ビタミン剤の服用か抗菌外用薬。中度の場合→抗菌内服薬、それ以上はケミカルピーリングを導入する事が多いです。この他にも抗炎症治療や漢方薬による治療も行われてはいますが、ニキビ治療の歴史の浅い日本では十分な根拠が揃っていないと言われています。

では、ニキビ跡の治療で行われるケミカルピーリングとはどんな治療法なのでしょうか。


ケミカルピーリングとは、「皮膚に薬を塗り皮膚を剥がし、表皮や真皮の再生を促進させる」治療法で
ピーリング剤に真皮のコラーゲンを増やす作用を持つものもある為、これらがニキビ跡を治す方法に使われると言う事になります。

またケミカルピーリングは皮膚を剥がし、自然治癒力やターンオーバーに頼るだけでなく皮膚の角質層(バリヤ層)も剥がす事で
通常では皮膚に吸収しにくい薬を使う事が出来るのも特徴で、肌をどこまで剥がすかによって分類がされています。

 ① レベル1(最浅層ピーリング):角質層(バリヤ層)まで
 ② レベル2(浅層ピーリング) :表皮層から基底層まで
 ③ レベル3(中間層ピーリング):表皮と真皮乳頭層の一部~全部
 ④ レベル4(深層ピーリング) :表皮から真皮網状層




では、皮膚科でニキビ跡を治すピーリング治療の薬剤にはどの様な物があるのでしょうか。

ピーリング剤の主な物には次の様な物があります。

  1. グリコール酸
    皮膚への浸透性が高く、真皮層のコラーゲンやエラスチン線維の生成を促進し真皮に良い作用がありニキビ跡の治療に多く使用されている。

  2. サルチル酸
    角質を柔らかくしたり溶かす作用があるが、過度に使うと頭痛やめまい嘔吐などのサルチル酸中毒症状を起こす事がある。この中毒症状を防ぐためマクロゴールに溶かした物も使用されていて、これだと角質層にしか作用しないので皮膚へのダメージが少ない。サルチル酸はピリピリした痛みを感じる事がある。

  3. トリクロロ酢酸(TCA)
    欧米のケミカルピーリングで主に使われ、表皮を壊死させその結果表皮が剥がれる。シミ治療に応用されているが、線維芽細胞が刺激されコラーゲンの生成を促進するので、小じわやニキビ跡が改善されると言う報告もあるが、術後通常生活に戻れない期間が2~3週間に及びケロイド形成の危険性がある。

  4. フェノール
    レベル4の深層ピーリングに使われる。欧米では代表的ピーリング剤だが、日本人には術後に色素沈着をおこす危険性がある為、ほとんど使われていない。全身的な副作用にも注意が必要で、不整脈やアレルギーショックを起こす危険性がある。

  5. レチノイン酸
    表皮のターンオーバーを促進。真皮のコラーゲンやエラスチンの生成を促進し皮脂の分泌抑制作用もあり、同様のビタミンA含有角化症治療剤としてユベラ軟膏がある(市販品だとユベラリッチが近い)アダパレンとも呼ばれ炎症性のニキビ治療に有効だが、ビタミンAは熱や光に弱く、初期症状で赤くなったり痛みやかゆみ等の症状が出る等の問題もある。

  6. Jessner液
    エタノールにレゾルシノール、サルチル酸、乳酸を溶かした物。各薬剤の濃度を低くし毒性(サルチル酸中毒など)を抑え、レベル1~2のピーリングに使用される。
081806.png


ここで押さえておきたいのは、ニキビ跡の治し方の一つである皮膚科やクリニックでの治療は「レーザー治療」と「ピーリング治療」で、ニキビ跡を治す為に狙う効果はどちらもお肌表面の話ではなく、「皮膚組織を一度破壊し皮膚の奥の真皮層で再度コラーゲンを多く作り出す事」だという事です。





では病院へ行かず、自宅で自分でニキビ跡を治すにはどうすれば良いでしょうか。

自宅でレーザー治療を行うには当然レーザー美顔器が必要となり値段もそれなりですし、レーザーで皮膚組織を破壊した後もお肌を再生させる為のケアも行う必要がある他、レーザー治療はお肌の奥深くの真皮層までダメージを受けてしまった場合に考えるべき最終手段だと思います。

となると簡単にニキビ跡を治すケアが行えるのは、ピーリングと言う事になりますが
では市販されているニキビ跡を治すと言う化粧水や美容液、ケア用品の効果はどうなのでしょうか。


先にあげた皮膚科やクリニックで処方されるユベラ軟膏に近い市販薬としてユベラリッチがあるように、口コミや評判だけではなく
ピーリング薬剤の成分で、皮膚科やクリニックで処方される内容と市販薬や市販の化粧水などを比較すればより効果的だと思います。

ただピーリング剤のみでも市販されている物があり、それを購入する事も出来ますが
皮膚科などの病院で行われるピーリングは、これらピーリング剤の配合をそれぞれ変えて処方されるので素人は注意が必要で
以下にピーリング剤の配合例を書いておきます。


(ピーリング治療の成分配合比率例)


 レベル1(角質層まで)

  ●グリコール酸なら10~40%
  ●サルチル酸なら10~30%
  ●トリクロロ酢酸(TCA)なら10%
  ●レチノイン酸なら0.01~0.1%
  ●Jassner液


 レベル2(表皮層から基底層)

  ●グリコール酸なら50%~70%
  ●トリクロロ酢酸(TCA)なら10%~25% 
  ●Jassner液


 レベル3(表皮~表皮乳頭層)

  ●トリクロロ酢酸(TCA)なら30%~45%
  ●Jassner液+35%TCA
  ●70%グリコール酸+35%TCA


 レベル4(表皮~真皮層)

  ●45%~50%TCA
  ●88%フェノール




この様な事から既にピーリング成分が配合され、完成している市販品が安全性が高いと言えますので
皮膚科やクリニックでの治療の概要がわかったところで、ニキビ跡改善用の市販品を見ていきましょう。

ニキビ跡の治し方を市販品のピーリング効果で比較する


ニキビ跡を治すという化粧水や美容液などは、色々な物が販売されていますが
人気の物やよく見るもの、ニキビ跡で悩む多くの人が恐らく気にしていると思われる物を
成分やピーリング的に見てどうなのか分析し比較して見ます。

ニキビを治すと言う事より、あくまでニキビ跡を治すと言う事に絞り、ニキビ跡用に限らず
おすすめ出来る市販品の、成分からわかる事で比較するので注意して下さい。

赤文字がピーリング成分またはピーリング作用のある成分で、一番最後に比較一覧表を作ってあります。

  • ピーリング系



【プロアクティブ】

プロアクティブは現在ではプロアクティブ+と言う名前に進化していますが、特徴は単品でニキビケアを行うのではなく、洗顔料と美容液とクリームがセットになっている事で、何より注目なのはプロアクティブ+にはピーリング成分が入っていると言う事です。

プロアクティブ.png 

[次項有]薬用洗顔料(スキンスムージングクレンザー)
(有効成分)
サルチル酸

(配合成分)
グリコール酸

(配合保湿成分)
ブドウエキス、ユキノシタエキス、オウゴンエキス、クワエキス

[次項有]薬用美容液(ポアターゲティングトリートメント)
(有効成分)
サリチル酸、グリチルリチン酸ジカリウム

(配合成分)
アロエ液汁、スイカズラエキス

[次項有]薬用クリーム(スキンブライトニングハイドレーター)
(有効成分)
サリチル酸、ビタミンC誘導体(L-アスコルビン酸 2-グルコシド)

(配合成分)
ブドウエキス、ユキノシタエキス、オウゴンエキス、クワエキス、マルトース・ショ糖縮合物


[ひらめき]
プロアクティブ+は基本となるこの3点セット全てに、ピーリング成分であるサルチル酸とグリコール酸が含まれていますが、この他にラインナップされている薬用化粧水、薬用ボディーソープにも同様なピーリング成分が含まれています。

ピーリング成分が含まれていると言う事は、お肌を一度剥がす事になるのでその後のケアもより効果的に行う為に3点セットになっていると思われます。 薬用クリームにはビタミンC誘導体も入っています。




【VCシリーズ】

VCシリーズはビタミンC誘導体でニキビケアを行う事に力をいれていて、色々な商品をラインナップしています。
その中でもニキビ跡を治すには、VCローションとVCビタール、薬用VCエッセンスが注目される物になります。

IMG_2054-750x562.jpg

[次項有]VCローション(化粧水)
(有効成分)
水、ペンチレングリコール、イソステアリルアスコルビルリン酸2Na、レチノイン酸トコフェリル、トリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリル、トコフェロール、サリチル酸、セイヨウオトギリソウエキス、オウレンエキス、カンゾウ根エキス、セイヨウハッカ葉エキス、オウバクエキス、アルギニン、クエン酸、グリセリン、BG、フェノキシエタノール、EDTA-4Na

[次項有]VCビタール(クリーム)
(有効成分)
水、BG、グリセリン、スクワラン、トリエチルヘキサノイン、ペンチレングリコール、ポリアクリル酸Na、イソステアリルアスコルビルリン酸2Na、テトラヘキシルデカン酸アスコルビル、トリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリル、レチノイン酸トコフェリル、トコフェロール、セイヨウオトギリソウエキス、オウバクエキス、セイヨウハッカ葉エキス、ジメチコン、オウレンエキス、アルギニン、フェノキシエタノール

[次項有]薬用VCエッセンス(美容液)
(有効成分)
L-アスコルビン酸 2-グルコシド、イソプロピルメチルフェノール、グリチルリチン酸ジカリウム

(その他の成分)
テトラ2-ヘキシルデカン酸アスコルビル、天然ビタミンE、ビタミンA油、d-δ-トコフェロール、プラセンタエキス(1)、ハチミツ、セイヨウハッカエキス、オトギリソウエキス、オウバクエキス、オウレンエキス、リボフラビン、トウモロコシ油、精製水、1,3-ブチレングリコール、1,2-ペンタンジオール、10-ヒドロキシデカン酸BG、ポリオキシエチレンメチルグルコシド、水酸化カリウム、カルボキシビニルポリマー、ポリオキシエチレン・メチルポリシロキサン共重合体、ポリオキシエチレンポリオキシプロピレンデシルテトラデシルエーテル、2-メタクリロイルオキシエチルホスホリルコリン・メタクリル酸ブチル共重合体液、キサンタンガム、フェノキシエタノール

VC200.png

[ひらめき]
VCシリーズはビタミンC誘導体とビタミンA、ビタミンE誘導体でケアを行うことが主力で、VCローションにはピーリング成分のサルチル酸が入っています。VCクリームは皮膚の再生を促進しニキビ跡の凹凸や色素沈着に効果的で、VCエッセンスにはこれらの他にターンオーバーを促進するプラセンタが配合されています。

このVCシリーズは、お試しで「VCローション・薬用VCエッセンス・VCビタール」 が3点セットになった
VCスターターセットが用意されています。






【アシィドローションEX】

薬用アシィドローションEXは毛穴の開き、黒ずみ、大人ニキビ向けの化粧水ですが、そこそこの成分が入っています。

アシィドローションEX.png

(有効成分)
サリチル酸、アラントイン

(その他の成分)
グリコール酸、1,3-ブチレングリコール、1,2-ペンタンジオール、濃グリセリン、ポリエチレングリコール1540、ポリエチレングリコール300、ローズマリーエキス、ダイズエキス、ドクダミエキス、オウゴンエキス、チョウジエキス、アロエエキス(2)、フェノキシエタノール、水酸化カリウム、エタノール、ポリオキシエチレンラウリルエーテル(12E.O.)、精製水

アシィドローションEX ピーリング.png



[ひらめき]
アシィドローションEXはピーリング成分のサルチル酸と、アラントインが入っています。強力な角質除去と肌の再生(ターンオーバー)により凸凹肌を短期間で正常な肌戻しますが、サルチル酸のピリっと感がある為最初は首や背中からはじめ顔は週1~2回の使用でTゾーンや顎、フェイスラインの角質が厚くなりそうな所からはじめ、慣れたら毎日使用する事が推奨されています。ピーリング的にはちょっと強めなのかもしれませんが、口コミにはソフトピーリングなので毎日使用出来ると言う口コミもあります。




【Nov ACアクティブ】


Novには様々なシリーズがありますが、ノブACアクティブのみマイルドピーリング効果があり、お試しセットも販売されています。

goods-06.jpg


[次項有]化粧落とし(クレンジングリキッド)
(有効成分)
グリチルレチン酸ステアリル

(その他の成分)
オクタン酸セチル、イソステアリン酸ポリオキシエチレングリセリル、ポリオキシエチレンヤシ油脂肪酸グリセリル、パルミチン酸2-エチルヘキシル、スクワラン、水、モノラウリン酸ポリグリセリル、ビタミンE、グリコール酸、dl-α-トコフェロール 2-L-アスコルビン酸リン酸ジエステルカリウム塩、グルコシルルチン、BG

[次項有]洗顔料(ウォッシングフォーム)

(有効成分)
サリチル酸、グリチルリチン酸2K

(その他の成分)
N-ヤシ油脂肪酸アシルグリシンカリウム、水、濃グリセリン、N-ヤシ油脂肪酸アシルグリシンナトリウム、BG、ヤシ油脂肪酸メチルタウリンナトリウム液、2-アルキル-N-カルボキシメチル-N-ヒドロキシエチルイミダゾリニウムベタイン、アルキル(8~16)グルコシド、クエン酸、ジステアリン酸エチレングリコール、ビタミンE、グリコール酸、dl-α-トコフェロール 2-L-アスコルビン酸リン酸ジエステルカリウム塩、グルコシルルチン、ベヘニルアルコール、塩化ジメチルジアリルアンモニウム・アクリルアミド共重合体液、水酸化K

[次項有]化粧水(モイスト)
(有効成分)
サリチル酸、アラントイン、塩酸ピリドキシン

(その他の成分)
水、BG、エタノール、ベタイン、ポリオキシエチレンメチルグルコシド、ジグリセリン、リボフラビン、2-メタクリロイルオキシエチルホスホリルコリン・メタクリル酸ブチル共重合体液、グリコール酸、ビタミンE、dl-α-トコフェロール 2-L-アスコルビン酸リン酸ジエステルカリウム塩、グルコシルルチン、EDTA-2Na、クエン酸、ヒドロキシエチルセルロース、ポリオキシエチレンフィトステロール、ラフィノース水和物、水酸化Na、乳酸Na液、メチルパラベン

[次項有]乳液(モイスチュアミルク)
(有効成分)
L-アスコルビン酸 2-グルコシド、グリチルレチン酸ステアリル

(その他の成分)
水、シクロペンタシロキサン、BG、ベタイン、スクワラン、エチルヘキサン酸セチル、2-メタクリロイルオキシエチルホスホリルコリン・メタクリル酸ブチル共重合体液、dl-α-トコフェロール 2-L-アスコルビン酸リン酸ジエステルカリウム塩、リボフラビン、ビタミンE、グリコール酸、ヒアルロン酸Na-2、N-ステアロイルフィトスフィンゴシン、エタノール、カルボキシビニルポリマー、ジエチレントリアミン5酢酸5Na液、ステアリン酸、ステアロイルグルタミン酸Na、ヒドロキシステアリン酸コレステリル、ベヘニルアルコール、ポリエチレングリコール4000、リン酸2Na、リン酸1Na、架橋型ジメチコン、親油型ステアリン酸グリセリル、水酸化Na、メチルパラベン

material-01.png

[ひらめき]
全ての物にピーリング剤が入っていて、やはりピーリング効果を狙った物は、プロアクティブと同じくその後のケアまで含めラインナップされている様です。
ノブACアクティブはお試しセットが用意されていますが、単品でも購入する事が出来ます。また乳液にビタミンC誘導体も入っています。






【テンデジカ】

テンデジカはちょっとニキビ跡を治すという事には関係ないと思われるでしょうけど、テンデジカは炭酸ピーリングが売りで、これ一本で洗顔、パック、ソフトピーリングが行える洗顔料です。

ニキビ跡 テンデジカ.jpg


(有効成分)
水、ラウロイルメチルアラニンNa、LPG、ココイルメチルタウリンNa、グリセリン、塩化Na、グリコシルトレハロース、PEG-60水添ヒマシ油、加水分解水添デンプン、ノバラ油、ビルベリーエキス、オレンジ果実エキス、レモン果実エキス、サトウキビエキス、サトウカエデエキス、BG、メリロートエキス、二酸化炭素、フェノキシエタノール


ニキビ跡 肌.jpg


[ひらめき]
テンデジカは炭酸の力で古くなった角質を柔らかくして除去(ソフトピーリング)するので、ニキビ跡の黒ずみや詰まって広がる毛穴、ボツボツと目立つ毛穴、小鼻のブツブツ毛穴に効果的でこの様な軽度や治りかけのニキビ跡を治すには使えます。






【ホワイトヴァージンピール】

ホワイトヴァージンピールはマイルドピーリングをうたっていて、ニキビ跡の凸凹肌のお悩みを対象にしています。

ホワイトヴァージンピール.png


(有効成分)
水溶性プラセンタエキス、グリチルリチン酸2K

(その他の成分)
アクリル酸・メタクリル酸アルキル共重合体、濃グリセリン、米デンプン、混合植物抽出液-34、シルバーバイン果実エキス、カモミラエキス-1、酵母多糖体末、アーティチョークエキス、マロニエエキス、ヒアルロン酸Na-2、塩化トリPOE(5)ステアリルアンモニウム、BG、フェノキシエタノール

ホワイトヴァージンピール ニキビ跡.jpg



[ひらめき]
ホワイトヴァージンピールは、くすみケア、毛穴ケア、エイジングケアが行えますが、ピーリングからニキビ跡のケアまでがセット品を揃える必要がなく、全てこれ一本で行えるのが特徴で植物由来のフルーツエキスが贅沢なくらい入っています。 ソフトピーリングの部類になります。






【オバジC】


オバジCは高濃度ビタミンCでニキビをケアを狙うロート製薬の美容液です。
ビタミンCは美肌や美白が狙えるお肌の万能薬なので、ニキビ跡の色素沈着や炎症にも適しています。

オバジCのおもしろい所は、ビタミンCの濃度により「C5セラム」「C10セラム」「C20セラム」の3種類があり、肌の状況によってどの濃度の物にするか選ぶ事が出来ます。


オバジC.jpg


(全成分)
エトキシジグリコール、DPG、水、アスコルビン酸(ピュアビタミンC)、トコフェロール(δ-トコフェロール)、アーチチョーク葉エキス、ツボクサエキス、ラミナリアオクロロイカエキス、アッケシソウエキス、ベタイン、グレープフルーツ果実エキス、BG、香料

ニキビ跡 オバジC.jpg




[ひらめき]
オバジCはビタミンCによりケアを行うのが目的ですからピーリングは関係ないと思われますが、グレープフルーツ果実エキスはピーリング作用がありますし、エトキシジグリコールは溶剤でもあります。基本は「C10セラム」で、軽度の場合は「C5セラム」重症の場合は「C20セラム」を選ぶことになりますが、高濃度ビタミンCですからそれなりの値段にはなります。

ビタミンCによるケアですからビタブリッドCと同様の効果が期待できますが、ビタブリッドCはパウダーなのに対しオバジCは液体で元々薄黄色なのですが、酸化が進むに連れ黄色が濃くなってきます。その為茶褐色になったり変な匂いがしだしたら既にビタミンCは酸化し分解されてしまっていると言う事になりますので、使用してもあまり意味がありません。

ソフトピーリング作用+ビタミンCと言う事も出来ます。





【ビーグレン】

ビーグレンは肌の化粧品として洗顔料から化粧水・美容液・ゲル・クリームやサプリまで揃え、化粧水や美容液でも数種類を揃えていますが、大人のニキビケアで知名度が有るビーグレンにはニキビ跡を治す事を狙った物があり、ニキビケアとは少し内容が違うニキビ跡ケアセットがあります。

ビーグレン.gif

[次項有]クレイウォッシュ(洗顔料)
(有効成分)
グリチルリチン酸ジカリウム

(その他の成分)
精製水、尿素、ベントナイト、N-ヤシ油脂肪酸アシル-L-グルタミン酸ナトリウム、N-ヤシ油脂肪酸アシル-L-グルタミン酸トリエタノールアミン液、1,3-ブチレングリコール、ソルビット液、イソノナン酸2-エチルヘキシル、スクワラン、フェノキシエタノール、グリセリン脂肪酸エステル、ヒアルロン酸ナトリウム液、アロエエキス(2)、カッコンエキス、クロレラエキス、カモミラエキス(1)

[次項有]10-YBローション(化粧水)
(全成分)
水、BG、グリセリン、乳酸Na、ラフィノース、ヒドロキシエチルウレア、PCA-Na、ジミリスチン酸PEG-12グリセリル、カプロオイルテトラペプチド-3、ヒトオリゴペプチド-13、オリゴペプチド-24、合成遺伝子組換ヒトポリペプチド-31、フカスセラツスエキス、乳酸桿菌/ハイビスカス花発酵液、加水分解コラーゲン、ヒアルロン酸Na、キサンタンガム、デカマカデミアナッツ脂肪酸ポリグリセリル-10、PEG-60水添ヒマシ油、塩化Na、メタリン酸Na、EDTA-2Na、カプリリルグリコール、1,2-へキサンジオール、ソルビン酸K

[次項有]Cセラム(ビタミンC美容液)
(全成分)
PG、アスコルビン酸、レシチン、ポリアクリルアミド、(C13,14)イソパラフィン、ラウレス-7

[次項有]QuSomeモイスチャーリッチクリーム(クリーム)
(全成分)
水、スクワラン、ジグリセリン、トリエチルヘキサン酸トリメチロールプロパン、シクロペンタシロキサン、BG、ステアリン酸グリセリル、グリセリン、ステアリン酸PEG-45、ジメチコン、セタノール、ベヘニルアルコール、ジミリスチン酸PEG-12グリセリル、バチルアルコール、パルミチン酸セチル、ダイズ芽エキス、アセチルテトラペプチド-2、オリゴペプチド-6、乳酸桿菌/ハイビスカス花発酵液、ショクヨウダイオウ根エキス、ゲンチアナ根エキス、加水分解コラーゲン、ヒアルロン酸Na、ジヒドロコレステロール、ステアリン酸コレステリル、パルミチン酸、(ジメチコン/ビニルジメチコン)クロスポリマー、プロパンジオール、カプリリルグリコール、ソルビン酸K、水酸化K

ビーグレン ニキビ跡.jpg


[ひらめき]ビーグレンの特徴は、QuSome(キューソーム)技術により成分を極小のナノサイズにし肌に浸透しやすくしている点で、Cセラムにソフトピーリング作用があり、ビタミンCをQuSomeにより肌の奥まで浸透させる事が重要で、単品での購入も可能です。上記用品がセットになったニキビ跡ケアセットのお試しがあります。 

ソフトピーリング+ビタミンCです。



  • ビタミンC系 保湿高浸透系(アスコルビン酸が俗に言うビタミンCです)



【ビタブリッドC】


ビタブリッドCは「」のページでも少し取り上げましたが、何と言っても人工的に作り出されたビタミンC誘導体ではなく、純粋なビタミンCを一度で12時間にも渡ってお肌に供給出来ると言うのが売りです。ビタミンCは美白や美肌などお肌に良い事は既に知られていますが、直ぐに酸化するので保管や取扱に注意が必要だったビタミンCを手軽に取り扱える様にしたのもビタブリッドCだけです。ビタブリッドCは美顔用の「ビタブリッドCフェイス」と健康肌用の「ビタブリッドCスキン」がありますが、ニキビ跡を治すにはどちらが良いか成分を見てみます。

ビタブリッドC ニキビ跡.png


[次項有]ビタブリッドCフェイス
(有効成分)
アスコルビン酸、酸化亜鉛、ステアリン酸グリセリル、水、安息香酸

[次項有]ビタブリッドCスキン
(有効成分)
アスコルビン酸、酸化亜鉛、ステアリン酸グリセリル、水、アラントイン、安息香酸

ニキビ跡 皮膚 浸透.png

[ひらめき]
純粋なビタミンC(アスコルビン酸)をお肌の奥に届ける事を目的にしていますので、その他の余計な成分は入っていません。ビタブリッドCフェイスとスキンの違いは、スキンにはアラントインが含まれていると言う事です。アラントインは組織の修復や傷の修復に有効で、カタツムリクリームで注目を浴び始めましたがお肌に限って言うと、コラーゲンやエラスチンを作る線維芽細胞を増やす作用がありますので、ニキビ跡を治すにはスキンが良いかと思いますが痛みを伴わない軽い赤みや黒ずみシミは、フェイスで単純に美白を狙うのも良いかもしれません。

ビタブリッドCの成分は極小のナノサイズで、肌に浸透しやすくなっています。(1ナノミリ=0.000001ミリ)
またパウダーを溶かして使うタイプなので、今使っている化粧水に溶かして使うという使い方もあります。






【アクレケア】

薬用アクレケアは凹凸肌用美容液として売り出していて、赤み肌は漢方成分、シミは美白成分でケアするというニキビ跡にふさわしい製品ではないかと感じますが、その成分は次の様になっています。

アクレケア.jpg

(有効成分)
アルブチン、グリチルリチン酸2K

(その他の成分)
精製水、チューベロースポリサッカロイド液、水解卵殻膜、カムカムエキス、ヒアルロン酸、カモミラエキス、茶エキス-1、 POE(10)メチルグルコシド、BG、キサンタンガム、1,2-ペンタンジオール、濃グリセリン、ジカプリン酸ネオペンチルグリコール、ジイソステアリン酸ポリグリセリル、水添ヒマシ油、ヒドロキシエタンジホスホン酸液、水酸化Na、メチルパラベン、無水エタノール

ニキビ跡 アクレケア.jpg

[ひらめき]
デコボコ肌用美容液 薬用アクレケアは凹凸肌用と言う割にはピーリング成分は入っていませんでしたが、なぜ凹凸肌に良いかと言うと月下香と言う植物から抽出されたチューベロースポリサッカロイド液がお肌に薄い膜を張り、ヒアルロン酸の約10倍と言われる保湿力のあるこの膜がお肌の表面を覆い、お肌をなめらかにする為です。またカムカムエキス(ビタミンC含有量世界一の果実でレモン果汁の50~60倍)で美白・美肌・抗酸化作用を狙い、さらに鳥の卵の内側にある卵殻膜(赤ちゃん肌を作る働きがある)も配合しお肌の生まれ変わりをサポートしています。





【リプロスキン】

リプロスキンはお肌への浸透力の凄さをアピールしています。化粧水として洗顔後に使用する事になるのでリプロスキン使用後に別のニキビ跡ケアを行う事も可能です。

リプロスキン.jpg

(有効成分)
グリチルリチン酸ジカリウム、プラセンタエキス

(その他の成分)
精製水、濃グリセリン、ジプロピレングリコール、1,2-ペンタンジオール、フェノキシエタノール、ポリオキシエチレンメチルグルコシド、クエン酸ナトリウム、ヒアルロン酸ナトリウム(2)、加水分解ヒアルロン酸、ポリオキシエチレンヤシ油脂脂肪酸ソルビタン(20E.O.)、大豆リン脂質、香料、スクワラン、D-マンニット、グルコン酸ナトリウム、クエン酸、ワルテリアインディカ葉エキス、デキストリン、フェルラ酸、1,3-ブチレングリコール、コラーゲン、トリペプチドF、海藻エキス(1)、ソルビン酸カリウム、コメヌカスフィンゴ糖脂質、水素添加卵黄レシチン、卵黄リゾホスファチジルコリン、アマチャヅルエキス、コメヌカエキス、アロエエキス(2)、ゼニアオイエキス、酵母エキス(3)、水溶性コラーゲン液(4)、ダイズエキス

リプロスキン 浸透.png


[ひらめき]
ピーリング成分が入っている訳ではないようですが、肌を柔らかくし浸透力を高める事でお肌の奥で新しい組織を生み出しターンオーバーを正常化させる様です。表皮層迄作用している様でコラーゲンを生み出す真皮層には届いていませんが、成分の中に水溶性コラーゲンが含まれています。

リプロスキンはニキビ跡の赤みや黒ずみ、凹凸が残ってしまったお肌やニキビを繰り返す人にもオススメとされ
色素沈着もシミの一種であるのでそう言った意味でもターンオーバー(肌の再生)を正常化させる意味はあります。
ニキビ跡に悩む女性に限らず、男性にも人気が出てきています。




【メルライン】

繰り返す顎ニキビにオススメのメルライン。このメルラインは顎ニキビのケアの他、美白もサポートしているのでニキビ跡の黒ずみもニキビケアと同時に狙えます。

メルライン.png



(有効成分)
グリチルリチン酸ジカリウム(抗菌作用)、水溶性プラセンタエキス(美白・保湿効果)

(その他の成分)
3-0-エチルアスコルビン酸、ビサボロール、米糠抽出物加水分解液A、水溶性コラーゲン液-4、ヒメフウロエキス、ヒアルロンNa-2、アセチル化ヒアルロン酸ナトリウム、加水分解ヒアルロン酸、トレハロース、ステアロイルフィトスフィンゴシン、濃グリセリン、トリメチルグリシン、エチルヘキサン酸セチル、ステアリン酸POE(20)ソルビタン、カルボキシビニルポリナー、水酸化K、キサンタンガム、ジメチコン、天然ビタミンE、BG、1、2-ペンタンジオール、フェノキシエタノール、香料、法定色素、精製水

ニキビ跡 メルライン.jpg


[ひらめき]
ピーリング成分は含まれていませんが、独自のプラセンタエキスとビタミンEによりお肌のターンオーバーと保湿にこだわっています。ビタミンEは活性酸素を除去し老化や炎症を抑える効果があり、高粘度の水溶性コラーゲンやコラーゲンを増やすスターフルーツ葉エキスがニキビ跡の凹凸に作用しニキビ跡を薄くする効果を狙っています。

メルラインは他のケア用品や既に持っている基礎化粧品との併用もOKで、先にあげたリプロスキンとの併用も可能です。その場合リプロスキンを塗った後にメルラインを使用し、他の製品と併用する場合は一番最後に使用する様にとアナウンスされていますが、乳液を使用する場合は乳液を一番最後に使用する様に公式ページに書かれています。

メルラインはかなり保湿にこだわり保湿成分だけでも他商品を上回る10種類の物が入っていて、保湿+美白の効果が結果的にニキビ跡にも作用すると言う事になります。




【ベルブラン】

ベルブランはニキビ染み対策専用美容液として販売されており、特徴は甘草エキスを極小のナノサイズにし皮膚と皮膚の間に染み込みやすくした上で、それにつられて他の有効成分も皮膚の隙間に染みこんでいくと言うものです。
(1ナノミリ=0.000001ミリ)


ベルブラン.png

(有効成分)
トラネキサム酸・グリチルリチン酸2K

(その他の成分)
ヒドロキシエチルセルロース/キサンタンガム/BG/濃グリセリン/カルボキシビニルポリマーアルギニン/”POE(40)硬化ヒマシ油/1,2-ペンタンジオール/水添大豆リン脂質/天然ビタミンE/ステアロイルフィトスフィンゴシン/ジラウロイルグルタミン酸リシンナトリウム液/アセチル化ヒアルロン酸ナトリウム/加水分解ヒアルロン酸ヒアルロン酸Na-2/エクトイン/油溶性甘草エキス/水溶性コラーゲン液-4/加水分解コラーゲン末/アーティチョークエキス/アセチルチロシン酢酸チロシン/牡丹エキス/カッコンエキス/プルーン酵素分解物/テンニンカ果実エキス/3-O-エチルアスコルビン酸/シルバーバイン果実エキス/セイヨウオオバコ種子エキス/アマチャヅルエキス/スターフルーツ葉エキス/セイヨウナシ果汁発酵液/カンゾウ葉エキス/党参抽出物加水分解液/アルピニアカツマダイ種子エキス/カモミラエキス-1/フェノキシエタノール/精製水

ニキビ跡 ベルブラン.jpg


[ひらめき]
ピーリング成分は入っていませんが成分を微小にし肌に浸透しやすくしたベルブランでは、ニキビ染みとはニキビ跡のシミでは無いとうたっていますが、美白効果を狙っていて、その有効成分は「トラネキサム酸」「アルピニアカツマダイ種子エキス」「カモミラエキス」 です。成分がナノサイズで肌に浸透しやすくしていると言う点で、ビーグレンと狙いが同じです。




【ピエリナ】


薬用ピエリナはニキビ跡の赤み、黒ずみ、デコボコ肌を対象にしたニキビ跡ケア化粧水で幹細胞コスメです。
幹細胞とは組織を作り出す元となる細胞の事ですが、お肌で言うと表皮とコラーゲンを作り出す真皮との間の基底膜に表皮幹細胞が有り、ここから表皮細胞が作り出されターンオーバーにより表に出てお肌になります。

ピエリナ.png


(有効成分)
水溶性プラセンタエキス、グリチルリチン酸ジカリウム

(その他の成分)
精製水、濃グリセリン、キサンタンガム、ヒアルロン酸ナトリウム(2)、グリコシルトレハロース、水添デンプン分解物混合溶液、1.3-ブチレングリコール、1.2-ペンタンジオール、フェノキシエタノール、カルボキシビニルポリマー、水酸化カリウム、ポリオキシエチレン硬化ヒマシ油、ジイソステアリン酸ポリグリセリル、2-エチルヘキサン酸セチル、ノバラ油、水素添加大豆リン脂質、天然ビタミンE、ジラウロイルグルタミン酸リシンナトリウム液、ホップ末、トリ(カプリル・カプリン酸)グリセリル、油溶性甘草エキス(2)、 セイヨウナシ果汁発酵液、カモミラエキス(1)、10-ヒドロキシデカン酸BG、酵母多糖体末、ノバラエキス、ローズ水、セイヨウオオバコ種子エキス、シルバーパイン果実エキス、バラエキス、アマチャヅルエキス、香料

ニキビ跡 ピエリナ.jpg


[ひらめき]
薬用ピエリナはお肌のターンオーバーを乱さず、お肌を作り出す幹細胞に働きかけ赤ちゃん肌を実現する細胞に働きかける手法です。
幹細胞コスメでニキビが治った後のニキビ跡も対象とする化粧水なので注目出来ます。




【RGアクネ&スキンケアセット】

薬用RGアクネ&スキンケアセットのキャッチコピーは「ニキビが治った後の肌が気になる女子」
販売ページには、エステサロンと同等のケアが出来ると書かれていて4ヶ月のプログラムになっていて、アクネケアローションとスキンケアローションの2本セットになっています。

RGアクネスキンケアセット.png


[次項有]RGアクネケアローション
(有効成分)
グリチルリチン酸ジカリウム

(その他の成分)
オウバクエキス、ドクダミエキス、海藻エキス(1)、オトギリソウエキス、カモミラエキス(1)、シナノキエキス、トウキンセンカエキス、ヤグルマギクエキス、ローマカミツレエキス、サクシニルキトサン液、水溶性コラーゲン液(3)、精製水

[次項有]RGスキンケアローション
(有効成分)
L-アスコルビン酸2-グルコシド

(その他の成分)
ユキノシタエキス、クワエキス、海藻エキス(1)、サクシニルキトサン液、水溶性コラーゲン液(3)、カンゾウフラボノイド、オウゴンエキス、タイソウエキス、1,3-ブチレングリコール、クエン酸、クエン酸ナトリウム、水酸化カリウム、精製水

ニキビ跡 RGアクネスキンケアセット.jpg


[ひらめき]
ニキビ跡については、ボコッとしたミカン肌、腫れや赤み、ボツボツしたマダラ肌がスッキリすると書かれていますが、これらのニキビ肌ケア技術は日本再生医療学会総会や日本薬学会でも発表されています。

RGアクネ&スキンケアセットのRGアクネケアローションは朝に、RGスキンケアローションは夜にと言う使い分けになりビタミンC誘導体が入っています。




【メディプラスゲル】

メディプラスゲルは重度のアトピーだったと言う、メディプラスゲル社長が「普通の肌になりたい」という思いから、色々試したが効果が無く、「無いなら作るしか無い」と皮膚科のカウンセラーとして勤めた時の、肌の悩みで苦しむ女性の声を元に作った、化粧水、乳液、美容液、クリームが一体となったオールインワンゲルです。

メディプラスゲル.png

(全成分)
水、B G、グリセリン、温泉水、1,2-ヘキサンジオール、PCA-Na、カルボマー、グリコシルトレハロース、水酸化K、加水分解水添デンプン、スクワラン、アボカド油、アラントイン、トコフェロール、グリチルリチン酸2K、加水分解シルク、アルカリゲネス産生多糖体、タウリン、ヨーロッパブナ芽エキ ス、カワラヨモギエキス、アスコルビルエチル、リシンHCI、グルタミン酸、クコ果実エキス、グリシン、ロイシン、ヒスチジンHCI、セリン、バリン、アスパラギン酸Na、トレオニン、アラニン、イソロイシン、マロニエエキス、オニイチゴ根エキス、ビフィズス菌発酵エキス、プラセンタエキス、フェニルアラニン、オウゴンエキス、ラウロイル乳酸Na、加水分解ヒアルロン酸、アセチルヒアルロン酸Na、ヒアルロン酸Na、アルギニン、プロリン、ノイバラ果実エキス、ナツメ果実エキス、カンゾウ根エキス、チロシン、オタネニンジン根エキス、カッコンエキス、マヨラナ葉エキス、セイヨウシロヤナギ樹皮エキス、加水分解エラスチン、イノシン酸2Na、グアニル酸2Na、ワイルドタイムエキス、アロエベラ葉エキス、クロレラエキス、セラミド3、加水分解コラーゲン、セ ラミド6Ⅱ、フィトスフィンゴシン、コレステロール、水溶性コラーゲン、キサンタンガム、アーチチョーク葉エキス、セラミド

ニキビ跡 メディプラスゲル.jpg

[ひらめき]
ピーリング剤は入っていませんが、メディプラスゲルの狙っている事は分子の小さい温泉水を使用する事により肌への高い浸透得られると言う事で、全国の温泉水で試して見た結果、島根県の玉造温泉の温泉水が選ばれたそうです。玉造温泉と言えば、血行促進、保湿、角質正常化で美肌の湯としても有名です。

またオールインワンにしたのも、皮膚科でカウンセリングをしていた時に加齢によるもの、病気によるもの、ニキビによるものに共通して「肌が硬くなる」という悩みがある事に気付き、肌を柔らかくする事に集中し「肌の負担になるものは与えない」「擦りすぎない」という事にたどりついたそうです。 ビタミンC誘導体が入っています。




【エミオネ】

エミオネ薬用プレミアムアクネローションは、緊急用ニキビケア美容液として宣伝されていて、効果の早そうな雰囲気を漂わせていますが、急にできた赤みで痛いニキビの他、潰れたニキビ跡も早くスッキリしたいと言う要望に答えて開発された医薬部外品のニキビ専用ローションです。

エミオネ.png


(有効成分)
イソプロピルメチルフェノール、プラセンタエキス-1、グリチルリチン酸ジカリウム

(その他の成分)
ドクダミエキス、ハマメリス水、エイジツエキス、オウバクエキス、トウキンセンカエキス、アロエエキス(1)、ヒメフウロエキス、コメヌカエキス、ユズセラミド、アーティチョークエキス、チャエキス(1)、カモミラエキス(1)、バラエキス、加水分解コラーゲン液、ヒアルロン酸Na-2、(アスコルビル/トコフェリル)リン酸K、トレハロース、アラントイン、クエン酸、クエン酸Na、DL-リンゴ酸、グリコール酸、濃グリセリン、BG、DPG、ペンチレングリコール、エタノール、POE水添ヒマシ油、EDTA-4Na、フェノキシエタノール、精製水



ニキビ跡 エミオネ.png



[ひらめき]
成分を見る限りピーリングは狙っていませんが、ニキビケア用品定番のグリチルリチン酸ジカリウムが入っていて他の成分はどちらかと言えば赤みを帯びる炎症系ニキビを抑える成分が多いですが、ニキビ跡について見ると肌の再生(ターンオーバー)促進や美白効果のプラセンタエキスや炎症の他に肌の傷を治すアラントイン、毛穴の目立ちやメラニンを抑えるアーティチョークエキスが入っているのでニキビ跡の色素沈着に有効です。

エミオネは雑誌Scawaii(エスカワイイ)専属モデルの郡司英里沙さんがプロデュースした事もあり、あのGENKINGや、ちぃぽぽ、越川真美、小堀実茄冬、藤田富、土屋美穂など芸能人やモデル達が紹介した事もあり人気が出た商品です。また他のニキビケア製品と比べ比較的価格が安いです。



(参考)
【オロナインH軟膏】

大塚製薬が販売しているオロナインH軟膏は効果と効能にニキビも入っていて、ニキビ跡が赤みの場合に効くという声があります。

(成分)
クロルヘキシジングルコン酸塩液(20%):10mg

(添加物)
ラウロマクロゴール ポリソルベート80 硫酸Al/K マクロゴール グリセリン オリブ油 ステアリルアルコール サラシミツロウ ワセリン 自己乳化型ステアリン酸グリセリル 香料 精製水

[ひらめき]
オロナインH軟膏は殺菌や炎症を抑える事が主になっているので、炎症による赤みのニキビにはそれなりなのかも知れませんが、ピーリングという面で見ると効果は期待できませんしニキビ跡を治すと言う事でも期待できません。




ニキビ跡の治し方 まとめ


これらの製品の多くにグリチルリチン酸ジカリウム(グリチルリチン酸2K)が含まれている事も覚えておくべきで
これは抗菌作用や炎症を抑える効果がある成分ですが、ニキビ跡の赤みや赤ニキビの様な炎症を抑えたり
ニキビの予防にもなる成分で、ニキビケアの成分の定番となっています。

そして、ピーリング治療をなぜやるかと言う事をもう一度思い出して下さい。

bsYUKA150701598457.jpg


ピーリングは皮膚の表面を剥がし、皮膚の奥へ治療成分を直接届けるためです。

皮膚を剥がす(溶かす)ピーリングには抵抗があるという人もいると思いますが、TVでお馴染みのコスメ「ドクターシーラボ」を開発したシーズラボの、大人ニキビやニキビ跡向けの「ニキビ撃退フェイシャル」でも、ピーリングが行われています。 



ニキビ撃退フェイシャル


つまりピーリングに即効性や効果がある事は専門家であるほど誰でもわかっているのです。

そこで、市販品のメーカーもどうやって皮膚の奥へニキビケア成分を届けるかに取り組み
その結論が各製品の成分にあらわれるのですが、市販品の成分を大きく別ければ次の様になります。

●ピーリング成分を入れる
●肌の隙間から浸透しやすいように分子レベルで成分を小さくする
●保湿にこだわる
●ビタミンCを使う


ですので、これまで色々な事を試したが全然良くならないと言う人は、これまで自分が試したのは大きく別けて上のどの手法なのかを思い出し、次の手を考える必要があります。製品や成分が違っても、狙っている手法が同じならこれまでと全く同じ事をやっている事になりますから、効果が出なくて当然です。

更にニキビ跡の状態が、クレーターなのか、赤みなのか、しこりなのか、色素沈着なのかと上のケアの方法を組み合わせて考えれば、次はどの手法でやって見るかが見えてくるはずです。

ニキビ跡の治し方は基本が肌の再生(ターンオーバー)を正しい姿に戻したり、促進させる事になりますが重度のクレーターなど真皮層にダメージを受けている場合はレーザー治療と言う事になり、その前段階がピーリングです。

「ピーリングについて」の所で例をあげたように、皮膚科やクリニックで行うピーリングは、ただ薬品を塗っている訳ではなく、ニキビ跡の程度によって薬品の割合を変えていると言う事を知らないと、ピーリング剤原液を買って自分でやる事は危険行為になりますので注意が必要です。

では一体どの商品を選べば良いのでしょうか?

これらの分析からわかる、ニキビ跡の治し方で効果や即効性が期待できる最強の組み合わせは次の条件です。

bsYUKA863_korekore15202501.jpg


[グッド(上向き矢印)]ピーリング成分が入っている
[グッド(上向き矢印)]ターンオーバーを促進する成分が入っている→ビタミンC(アスコルビン酸)、コラーゲン、プラセンタなど
[グッド(上向き矢印)]アラントインが入っている
[グッド(上向き矢印)]グリチルリチン酸ジカリウムが入っている


オススメランキングの様に順位は付けませんが、これらの事を条件に一覧表にすると次の様になります。

  • ニキビ跡を治すオススメ品の成分比較一覧
商品名ピーリング主な肌の再生成分アラントイングリチルリチン酸2K
 プロアクティブ ハードビタミンC誘導体×
 Nov ACアクティブハードビタミンC誘導体
 アシィドローションEXハード濃グリセリン×
 VCシリーズハードビタミンC誘導体×
 テンデジカソフトグリコシルトレハロース××
 ホワイトヴァージンピールソフト水溶性プラセンタエキス×
 オバジCソフト高濃度ビタミンC××
 ビーグレンソフトピュアビタミンC×
 ビタブリッドCピュアビタミンC×
 アクレケアビタミンC×
 リプロスキンプラセンタエキス×
 メルラインスターフルーツ葉エキス×
 ベルブランヒアルロン酸 水溶性コラーゲン×
 ピエリナ水溶性プラセンタエキス×
 RGアクネ&スキンケアセットビタミンC誘導体×
 メディプラスゲルビタミンC誘導体×
 エミオネプラセンタエキス


*ピーリング作用は、皮膚科等で使われるピーリング成分が入っている物をハードとしました。
*アラントインが入っている物は、肌の修復や再生(ターンオーバー)を促進します。



これらの条件を全て満たす物にノブACアクティブがありますが、欲を言えばビタブリッドCやビーグレンの様に純粋なビタミンCではなく、ビタミンC誘導体を使っている所が残念です。その次はアシィドローションEXでしょうか。

アラントインが入っていれば条件を満たすのが、プロアクティブとVCシリーズですが
もちろんアラントインの代わりとなる成分は入っています。

エミオネも価格が安い割に人気が出るのもわかりますね。アラントインとグリチルリチン酸2Kの両方が入っています。

しかし、赤みを帯びている訳ではない・炎症はしていないと言う事であればグリチルリチン酸2Kはあまり気にしなくても良いと言えます。それはグリチルリチン酸2Kは炎症の他ニキビ予防にもなりますが、ほぼ全ての製品に予防する成分は入っているからです。

また、既に化粧水やジェルなどを持っているという人は先にエテュセのピーリングシートなどでふきとりピーリングを行うという方法もオススメで、これだと価格もお手頃で今行っているケアの前に顔をシートでふくだけなので簡単です。


この様に成分名は違っても同じ効果を狙う成分を使用している物はありますので
製品選びの基準さえ押さえれば絞る事が出来ます。

  • ニキビ跡がなかなか治らない人は、今使っている物はどの部類になるのか調べる事が重要です。

いくらニキビ跡に良いとされる成分でも、肌の中の問題がおきている場所に届いていないと意味がありません。

成分があわないのか?肌の奥へ浸透していないのか?

上の一覧表を見て、もう一度自分が使っている用品や手法を確認したら、気になる所をもう一度読んで確認して見て下さい。

顎ニキビ専用ジェルのメルラインと痛い顎ニキビのしこりや顎ニキビ跡 

通販で買える顎ニキビ跡を治す化粧水などのオススメは


さて、顎ニキビ跡を治す方法として皮膚科に行けばレーザー治療かピーリングが主に行われる事から、手軽に顎ニキビ跡を治す事を考え通販で入手でき、ピーリング成分が入っている商品に注目してきました。


そこで成分だけを比較した場合、最もオススメできるのがノブACアクティブです。

ノブACアクティブの商品構成は以下の4点セットで、総合的にケアできます。

  1. メイク落とし
  2. 洗顔料
  3. 化粧水(モイスト)*お試しでノーマルタイプの化粧水も付属
  4. 乳液 



その次のオススメがアシィドローションEX。

アシィドローションEXは塗って治すのではなく、コットンに染み込ませてふきとる「ふきとり化粧水」で、良くあるニキビケア用品とは違った使い方になるので、色々試してダメだった人にもオススメできます。
商品構成は

  1. ふきとり化粧水 120ml(医薬部外品)1本

単品購入もできますが、定期購入にすると3回目に高濃度ビタミンC化粧水のC-マックスローションとイオン導入器がもらえお得です。

このC-マックスローションはなかなかの優れもので、高濃度ビタミンC誘導体が7%も含まれています。







アシィドローションEXでケアしながら、ビタミンCも肌に投入できれば良い事ずくめです。 




タグ:ピーリングシート ニキビ跡 皮膚科 ニキビ跡 赤み ニキビ跡 治療 ニキビ跡 クレーター ニキビ跡 治す ニキビ跡 色素沈着 ニキビ跡 治療 ニキビ跡 美顔器 c-マックスローション ニキビ跡 赤み 化粧水 ニキビ跡 シミ ニキビ跡 治し方 ニキビ跡 クリーム ニキビ跡 美容液 ニキビ跡 ピーリング ニキビ跡 レーザー ニキビ跡 プロアクティブ ニキビ跡 市販 首 ニキビ跡 ニキビ跡 ビタミンC ニキビ跡 治らない ニキビ跡 赤み レーザー ニキビ跡 保湿 ニキビ跡 直し方 ニキビ跡 即効性 ニキビ跡 成分 ニキビ跡 黒い ニキビ跡 ボコボコ ニキビ跡 ニベア ニキビ跡 リプロスキン ニキビ跡を治す方法 赤み 市販 ニキビ跡を治す方法 赤み オロナイン 顎ニキビ跡 顎ニキビ オロナイン 顎ニキビ 跡 顎ニキビメルライン 顎ニキビ跡 治し方 顎にきびnov ニキビ跡 治し方 首ニキビ しこり ニキビ跡 赤み 色素沈着 皮膚科 ニキビ跡 ピーリング ニキビ跡 プロアクティブ ニキビ跡 VCシリーズ ニキビ跡 アシィドローションEX ニキビ跡 テンデジカ ニキビ跡 ホワイトヴァージンピール ニキビ跡 オバジC ニキビ跡 ビタブリッドC ニキビ跡 アクレケア ニキビ跡 メルライン ニキビ跡 ベルブラン ニキビ跡 メディプラスゲル ニキビ跡 エミオネ ニキビ跡 ビーグレン 顎ニキビ跡治し方 顎ニキビ跡赤み 顎ニキビ跡 治す方法 顎にきび跡 顎ニキビ NOV 首ニキビ 男 ニキビ跡 直し方 簡単 ニキビ跡 直し方 オロナイン ニキビ跡 直し方 クレーター ニキビ跡 直し方 化粧水 ニキビ跡 直し方 皮膚科 ニキビ跡 直し方 メンズ ニキビ跡 直し方 自宅 ニキビ跡 直し方 色素沈着 ニキビ跡 赤み 色素沈着 オバジ 首ニキビ跡 首ニキビ跡治療 首 にきび跡 ニキビ跡 皮膚科 ニキビ跡 市販品 ニキビ跡 直し方 男 ニキビ跡 黒ずみ ニキビ跡 ターンオーバー ニキビ跡 ノブ ニキビ跡 薬用ピエリナ ニキビ跡 RGアクネ&スキンケアセット ニキビ跡 アラントイン ニキビ跡 グリチルリチン酸ジカリウム ニキビ跡 グリチルリチン酸2K ニキビ跡 グリコール酸 ニキビ跡 サルチル酸 ニキビ跡 トリクロロ酢酸 ニキビ跡 TCA ニキビ跡 フェノール ニキビ跡 レチノイン酸 ニキビ跡 Jassner液 ニキビ跡 ピーリング剤 ニキビ跡 ピーリング治療 ふき取りピーリングシート エテュセ ピーリングシート 顎ニキビ跡 化粧水 顎ニキビ跡通販 顎ニキビ跡 皮膚科 アシィドローション ニキビ跡 アシィドローションex アシィドローションex 通販 c-マックスローション キャシーズチョイス
Copyright © 顎ニキビの原因と治し方!繰り返すあごや首ニキビを解消 All Rights Reserved.
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます